人材開発プログラムの企画・運営|世界が信頼するコンテンツと40カ国のグローバル・ネットワーク

情熱があるから継続できる「リーダーシップ・レバー」

好きなことは続けられる。だからパフォーマンスが向上する。そして周囲の人々にポジティブな影響をもたらす

特徴

イノベーティブで柔軟な考え方や、業務に関する正しい理解と洞察、人間関係を重視する人間性、高いコミュニケーション力。社員にこれらを求めない企業や組織はありません。ただし問題は、本人にその意志がなければ、能力強化に取り組まなかったり、取り組んでも改善が遅いことです。

リーダーシップ・レバーとは、リーダーシップを発揮するうえで「てこ」となる、リーダーシップ能力のことです。リーダーシップ界の重鎮ジャック・ゼンガー博士と、世界初の360度調査を開発したジョー・フォークマン博士は、世界の数万人のビジネスパーソンのデータ分析から、優秀なパフォーマーに共通するいくつかのリーダーシップ能力が、パフォーマンス向上のレバー(てこ)として作用していることを発見しました。それらはイノベーション、人間関係、ビジネスと業務の理解、戦略的思考、動機づけ、実行と推進の6つです。

そのうち1つか2つを際立った強みに強化すれば、リーダーシップが飛躍的に向上して、パフォーマンスにポジティブな影響を与えること、誰にでも好みの傾向があって、好んで使うリーダーシップ能力ほど、能力レベルが高いことがわかっています。
コースではリーダーシップ能力の好みの傾向を測定し、継続的な能力開発を促してリーダーシップを強化します。

概要

対象者: リーダーシップの発揮が求められる全ての方(経営幹部から新人まで)

リーダーシップは限られた管理者にだけ求められるものではなく、自分や周囲の人々のパフォーマンスを向上させ、周囲や組織にポジティブな影響を生み出す、誰にとっても不可欠のものであることを学びます。

また、6つのリーダーシップ能力と業務パフォーマンスの関係を学習し、セルフ・アセスメントのレポートを参照して、6つの能力の中で自分が好んで使う傾向の高いものを特定します。さらに自分の業務や役割を客観的に分析する枠組みを学習して、今強化すべき能力を選択できるようになります。

強みを際立った強みへと強化する場合、弱みを克服する場合とは全く違う方法が必要であることから、研究からわかった強みの強化法を学び、具体的な行動計画を作ります。

「リーダーシップ・レバー」コースは、部下がいる・いない全ての方に受講頂けます。

コースの構成(事前にオンラインのセルフ・アセスメントがあります。 )

リーダーシップ・レバーは、オンラインによるコース前のセルフ・アセスメントと、1日コースで構成されています。アセスメント結果は、グローバルに活躍するリーダーの値を基準値として報告されます。1日コースでは、調査結果を読み取ったうえで能力開発の理論を学び、行動計画を作成します。

受講者からのコメント

プログラム

日時  内容

1日目

9:00~17:30

コース前 オンラインのセルフ・アセスメントを受け、終了する
 *初めて「リーダーシップ・レバー」にお申込みされ、セルフ・アセスメントをご利用になる場合は、事前のガイダンスも含めて コース前に2週間が必要です。
(午前)
1) 世界のビジネスパーソンについての研究/リーダーシップ・レバーの強化によってできること
2) すべては自分次第-好きなことは上手にできる確率が高い/情熱と能力、組織ニーズをそろえる/情熱と能力、組織ニーズがそろっていない時
3) パフォーマンスに強く関係している6つのリーダーシップ・レバーとは何か
(午後)
4) 広範な情報を総合して能力を分析する/レポートで自分の情熱のありかを正しく見きわめる/広い視点で組織ニーズをとらえる枠組み/強化すべきリーダーシップ・レバーを賢く選択する
5) 強みを伸ばす方法は、弱みを克服する方法とは異なる/研究から発見された強みの伸ばし方/能力開発のアイデアと計画

公開コース詳細

受講費用 48,000円(税前)
※「女性視点で考えるキャリア・ベスト」
または「中堅社員の強みを活かすキャリア・
ベスト」と組み合わせて同時に申し込まれた
場合は、合計金額より10%割引いたします。
会場・定員 株式会社スマートワークス
セミナールーム *24名
受講対象 リーダーシップの発揮が求められる経営者から
新⼈の⽅
日程 2017年:
7/5(水) 9/21(木) 11/8(水)
2018年:
2/21(水)

(日程は予告なく変更になる場合がございます)

お申込み・お問合せ

公開コースのお申込みは、リーダーシップ/キャリア開発お申込みをご利用下さい。
インハウス(講師派遣型コース)のご相談・お申込みは、インハウスご相談ページからご連絡下さい。
その他のお問合せは、お問合せフォームをご利用下さい。

お電話(03)6261-2682またはFAX(03)6261-2683でも受け付けております。