人材開発プログラムの企画・運営|世界が信頼するコンテンツと40カ国のグローバル・ネットワーク

【SGB:サクシーディング・イン・グローバル・ビジネス】 グローバル事業基礎

対象者:初めての海外赴任を控えている方。海外事業のマネジメント初心者の方
日程:1日または2日コース

SGBはスマートワークスの2人の創業者と数十年来の親交があるロイス・クルーガー氏はじめ、多くのビジネスマンのグローバル・ビジネスの経験から生まれました。

クルーガー氏は7つの習慣で知られるコヴィー・リーダーシップ・センターの創業メンバーの一人です。かつて海外ビジネス責任者として、スティーブン・コヴィー博士によるプログラムの世界展開を統括していました。グローバル・ビジネスの豊富な体験を有しつつ、日本語や日本文化に造詣の深いクルーガー氏が、現代のグローバルなビジネス・スタンダードに鑑みて、日本人ビジネスマンが陥りがちな落とし穴や盲点に光を当てたのがSGBコースです。

コースでは、日本では当たり前の考え方ややり方でも、グローバルなビジネス環境では当たり前ではなく、むしろビジネスの疎外要因となる可能性があることを自覚すること、グローバル・ビジネスにかかわる法律や雇用慣行、報奨制度の体系や考え方を学び、必要に応じて自分のやり方をセルフ・モニターし、自己修正できることを目指して、グローバル・ビジネスに踏み出すための広範な基礎知識を習得します。

7つの習慣のコヴィー・リーダーシップ・センター、元グローバル事業責任者ほか、日本とグローバルのビジネスに精通した多国籍チームが開発・監修
 

課題と活用場面

日本にいると優秀なのに、海外では力を発揮できない!?

コース概要とスケジュール

コースは3部構成です。第1章では日本のビジネス文化とその背景にある社会構造や歴史的背景について考えます。日本における自分の仕事の進め方は、日本型の社会システムの存在を前提として成り立っている可能性を理解し、異文化ビジネスでは前提が変化すること、日本型社会システムがもたらすビジネス環境によって、どのようなマネジメントや業務の進め方が可能であり、ビジネス環境が変わった場合に注意すべき点は何かを学びます。第2章ではグローバル・ビジネスにかかわる基礎的な知識として、法律の背景にある考え方、財務や人事面で注意すべきことを学びます。第3章では、1章と2章を踏まえた応用として、異文化におけるビジネスの課題解決をロールプレイで体験します。

コース・スケジュール (9:00-17:30)
*状況によって変更になる場合があります。

事前課題 (希望者/該当者のみ)赴任地のビジネス文化をリサーチする
 

1日目

第1章 日本特有のビジネス文化を理解する
世界は日本のビジネスパーソンをどう見ているか
日本の組織文化や社会環境
文化に根差したビジネス慣行
第2章 グローバルなビジネス文化を理解する
CSR(企業の社会的責任)
コンプライアンスの運用
非専門家が知っておくべき財務会計

2日目

第2章 つづき
知的所有権を守る
機会均等
第3章 現地のビジネス文化を理解する
代表的な国々を例にとったロールプレイ